なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

五十肩/四十肩


五十肩の症状

五十肩とは、40歳以上の人に発症し、特に50歳代の人に多く見られる肩の痛みや上腕部の痛みをいいます。
50代に多いから五十肩と呼ばれますが、40代で発症することもあることから四十肩と呼ぶ人もいます。
特にはっきりした原因がないのに、肩から上腕部にかけて痛み(時に激痛)があり、腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなる症状の俗称で、
医学的には肩関節周囲炎等といいます。
利き腕に関係なく発症し、稀に左右両肩に発症するケースもあります。



五十肩の原因

加齢により、肩関節周囲の軟部組織が滑らかに動かなくなって摩擦を生じ、炎症が起きて痛みや運動制限として現れます。
肩をぶつけたりした外傷がきっかけで発症するケースもあります。
関節包が硬くなったり、関節包が癒着して発症することもあります。



五十肩の病期


疼痛性筋性けい縮期
症状が現れる時期です。
明確な原因なく発症する「部分を特定できない漠然とした肩周辺の痛み」で、一度発症すると急速に痛みが増すことが多く、運動時も安静時も痛みが現れ、重症例では肩周辺から前腕部まで痛み、夜間睡眠が妨げられることもあります。


筋性拘縮期
運動時の激痛や安静時痛が解消し、症状が肩関節の拘縮に変わる時期です。
痛みは緩和されますが、まだまだ運動制限は著しく、無理に肩を動かすと痛みが現れます。


回復期
拘縮が少しずつ改善し、痛みや運動制限も減少していき、少しずつ肩や腕が動くようになります。



五十肩の治療


疼痛性筋性けい縮期
この時期は、重い物を持ったり無理に腕を連続して使うようなことはせず、安静にすることが肝要です。
肩の運動制限が著しいので、施術としては、積極的な運動療法はせずに痛みを抑え、安眠を妨げる夜間痛を取り除くことが先決です。


筋性拘縮期
この時期になれば、運動療法を取り入れ、肩関節の可動域を広げることが大事になってきます。


回復期
この時期には、筋性拘縮期よりも更に積極的に他動性の運動療法を取り入れていくことが治癒への近道です。



五十肩は、一般的には半年〜1年程度で治りますが、回復期前に無理に動かしすぎたり、回復期での適切な施術をしなかったりした場合は、運動障害といった後遺症を残す場合もありますから、温熱療法や可動域の改善や筋肉の緊張を取り除く施術をしっかりやりましょう。
五十肩でお悩みでしたら、早めに当院にご相談下さい。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.