なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

むち打ち症


むち打ち症とは、交通事故(主に追突されたケース)やスポーツ等で、
首や背中に外部から大きな力が加わり、首が前後にしなることが原因で生じる首の痛みや肩の痛みをいいます。
首が“ムチのようにしなる”ことから「むち打ち症」と呼ばれています。


正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」等といいますが、
この様な原因で、首の痛みや肩の痛みを感じたら、お早めにご来院下さい。
軽視して放置すると、症状の悪化を招く恐れがあります。



むち打ち症の症状

むち打ち症は、首の通常の運動範囲を超えて、それ以上に伸展、屈曲されることにより 首の関節や靱帯、筋肉などの軟部組織が損傷して、首や肩に痛みが現れます。吐き気等、自律神経症状を伴う場合もあります。


むち打ち症の原因

交通事故(主に追突されたケース)に起因して、むち打ち症を発症することが多いのですが、 体操等のスポーツ障害として発症することもあります。


むち打ち症の分類

頚部捻挫型のむち打ち症
頚椎を取り囲んでいる筋肉や靱帯、関節包の損傷で主に頚部、肩、背中の疼痛、運動制限が現れます。


神経根型のむち打ち症
頚椎に歪みができると神経の通り道が狭くなり、頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みや頭痛、腕のしびれ、痛み、だるさ、筋力低下、知覚鈍麻、首や肩の関節の運動制限などが現れます。


バレ・リュー症候群型のむち打ち症
背中を走っている後部交感神経を損傷したり、圧迫を受けると、頭に行く血流が低下し、首の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など…の症状が現れます。


尚、上記三つの症状の併発も多く見られます。



むち打ち症の治療と対策

一般的にむち打ちは、頚部だけの症状と思われかちですが、痛みがなくても腰を損傷しているケースが多く見られます。
このような場合、仙腸関節(骨盤)を調整することによって、背骨の基本軸を安定させてから、胸椎・頚椎と痛みを出している部分を調整することにより、むち打ち症状の緩和期間の短縮を図っていきます。


むち打ち症になってしまったら、下手に自分で揉んだりせずに、まずはシップを貼ったり、頚椎カラーなどで首を支えて安静を保てるようにします。
外出する際は、スカーフやタオルを首に巻いて、支えを作ってあげるだけでもずいぶん楽になります。
しかし何より早期の治療です。早めのご来院をお勧めします。
筋肉や靭帯などの「損傷をしている箇所を修復」しなければ、痛みそのものは取れていきません。
当院では関節のバランスを調整し、関節を安定させ、むち打ち症状の緩和を図っていきます。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.