なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

ランナー膝/腸脛靱帯炎


ランナー膝(腸脛靱帯炎)とは?

ランナー膝/腸脛靱帯炎

ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、様々な症状が含まれます。
ランニングによって膝関節に衝撃が加わったり、 屈伸や捻りなどの動作により、膝関節周囲の靭帯や軟骨などの組織を傷つけることによって痛みが生じる状態です。
スポーツ選手のランニング障害としてよく見られますが、一般の方もランニングやジョギングによって膝痛を発症することが多くあります。
このような膝の痛みを感じたら、直ちに運動を制限すると共に、お早めに当院にご相談下さい。 軽視して放置すると、症状の悪化を招く場合があります。



ランナー膝の痛みと原因

主因はオーバーユースです。つまり「使いすぎ」のケースがままあります。
過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足=ウォームアップ不足、休養不足、 硬い路面や下り坂での走行、合わないシューズ、下肢のマルアライメント等、 様々な要因が加味されて症状を誘発します。


腸脛靱帯は股関節から脛骨(スネ)の外側に付着し、股関節や膝の屈伸に伴って、膝の外側の突起部分で摩擦を起こします。
ランニング、ジョギング等で股関節や膝を使い過ぎると、やがてその部分が、摩擦の繰り返しによって、膝の外側の部分で炎症が起きます。


症状としては、主に膝の外側の圧痛、膝の曲げ伸ばし時の痛みですが、 膝の痛みの症状が強くなると、膝を曲げずに棒足状態でしか走れなくなることもあります。



ランナー膝への対策

治療法としてはランニング、ジョギング等の運動の制限、アイシング、その後の温熱、電気療法、 腸脛靱帯に関連した部位(股関節、膝関節、足関節等)の矯正により、症状の改善が期待出来ます。
また、インソールも大きな効果が期待できます。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.