なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

スポーツ疾患/スポーツ障害


スポーツ疾患とは、スポーツに起因する痛みや機能障害のことで、
これらを総称してスポーツ疾患と呼びます。


外傷と障害

スポーツ疾患は、大別して外傷と障害に分けられます。


外傷

捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、強い外力が加わることにより
生じるものを指します。


障害

特定の部位に、繰り返し外力が加わり、軟部組織を損傷するもので、
野球肘ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。



スポーツ疾患の主な部位と種類

ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝オスグッド病
タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
野球肘テニス肘
野球肩、リトルリーガーショルダー等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等
シンスプリント、アキレス腱炎等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
バーナー症候群

スポーツ疾患の治療法

スポーツ疾患/スポーツ障害を生じた場合、その症状にもよりますが、
基本的にはRICE処置を施します。


また、関節可動制限がある場合は、その関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、肘だけに着目せずに、肘関節と連動して動く背骨や肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、より短期間に治癒するケースも多く見られます。
一般に、痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節・筋肉等は、様々な部分で繋がりがあって、且つ連動して働いているのです。



スポーツ疾患/障害の予防と再発防止

ストレッチや、ウォーミングアップとクールダウンを行うことは重要ですが、
最も大事なのは、自分の能力に見合ったトレーニングを行うことです。
そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、速やかに当院にお越し下さい。
軽視して、運動を続けることは厳禁です。
軽度で処置も速やかなら、早期の回復が見込めるでしょう。
しかし判断を誤って悪化させてしまうと長期の療養/静養が必要になります。



参考ページ



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.