なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

テニス肘・腱鞘炎


テニス肘

テニス肘はとも呼ばれる「外側上顆炎は」、
テニスやゴルフなど
グリップを握ってボールインパクトを行う動作のあるスポーツに多い症状です。


テニスやゴルフに限らず、日常生活の中でも、前腕と肘に「捻る動作」や「回旋のストレス」が加わり、且つ繰り返し行なわれるケースでは、
比較的発生しやすい症状です。
前腕伸筋群(手首を甲側にむかうような動きに関わる筋群)の起始部に引っ張る力が加わり、 慢性的なストレスにより上腕骨の外側上顆に炎症が起きることをいいます。


また、手首の炎症を伴う痛みとして、腱鞘炎というものがあり、ドケルバン病と呼ばれます。
腱と腱鞘の間に炎症を起こし、腱が腫れることでスムーズに通ることができなくなった状態をいいます。



テニス肘・腱鞘炎の症状

運動時に痛みが生じる、もしくは自然に腕をかばう様な動作がみられたり、
肘の外側や手首の親指側にピンポイントに刺すような痛みや、手首を甲側に向けて回外したときに痛み、肘を伸ばした状態で物持ち上げると痛みが出ることがあります。
患部に熱を持ち、場合によっては腫れたりすることもあります。



テニス肘・腱鞘炎の対策と治療

症状が軽い場合は、運動を控えて安静に保つことにより、3〜6週間で改善しますが、症状が重い場合は、アイシングや理学療法で炎症を抑えて、痛みを軽減させることができます。
テーピングなどを使って固定して手関節伸筋群全体への伸張ストレスを軽減させたりサポーターも有効です。
安静を保つだけでなく、関節の動きやバランスを調整する施術を行うことで、
より早期に症状を和らげることができます。
症状を感じたら、お早めにご来院下さい。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.