なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

野球肘


野球肘

野球肘とは?

野球肘とは、投球動作を含むスポーツによる肘の痛みのことを総称して野球肘といいます。 小・中学生といった少年期に多いのですが、成人でも見られます。




典型的な例として、野球のピッチャーに多く発生します。
次に多いのがキャッチャーですが、これは以外と知られていません。
また、野球以外のスポーツでも見られることがあります。


初期の痛みは投球時のみで、直ぐに症状がなくなるので軽視しがちですが、
初期の段階から正しい対応をしていくことが、早期回復につながります。


野球肘は、「外側型」「内側型」「後方型」に大別されます。

外側型少年期に多く見られ、後遺障害が残りやすいので早期発見が重要です。
内側型成長期に於いては骨そのものに問題が多いのに対し、
成人以降では靭帯損傷が関与することが多く見られます。
後方型内側型と同じく、成長期には骨の問題が多いのですが、
成人以降では尺骨神経麻痺を伴うことがあります。


野球肘の痛み

肘の内側の痛み

野球肘で、起こる頻度が最も高いのが、肘の内側に生じる痛みです。
肘の内側には、腕を回転させる筋肉、手首を曲げる筋肉、関節の内側を
支える内側靭帯があります。
投球動作により、これらの筋肉や靭帯には、強い力が掛かります。
この状態が過度に繰り返されることで、筋肉と骨の接点で炎症が生じ、
やがて野球肘となります。


肘の外側の痛み

起こる頻度自体は、内側の痛みと比べて少ないのですが、時に重い障害となる可能性があるため注意が必要です。
野球肘の発症初期は、内側に痛みを感じ、放置することにより外側の痛みとなる場合もあります。
骨軟骨に投球動作の繰り返しによる過度の負荷が掛かり、離断性骨軟骨炎の伸側痛が起こります。



野球肘の対策と治療

早期にRICE処置を施し、急性の炎症を緩和していきます。
同時に、「緊張している筋肉」と「歪みが生じた関節」を緩和させることで、
改善が期待出来ます。
また、バランスの良い「肩、下肢、体幹」のトレーニングが有効です。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.