なかむら接骨院 各種健康保険取り扱い 電話0771-24-2941
なかむら接骨院
初めての方へ
受付時間,アクセス
腰の痛み
ぎっくり腰
坐骨神経痛
インソール効果
膝の痛み
ランナー膝
オスグッド病
インソール効果
首・肩の痛み
むち打ち症
五十肩
スポーツ疾患
野球肘
テニス肘・腱鞘炎
ランナー膝
シンスプリント
バーナー症候群
インソール効果
ブログ
日頃の生活習慣
交通事故後の診察に関して
接骨院と整骨院の違い

坐骨神経痛


坐骨神経痛とは、固有の病名ではなく症状を指します。


脊髄や神経根が筋や関節、椎間板等で圧迫されると、神経の走行に沿って疼痛・しびれの症状がでます。
坐骨神経痛の症状は、臀部から大腿部の後面、下腿部の前後外側面にかけて、疼痛・しびれを発症します。



坐骨神経の場所

腰椎4、5番と仙骨の前面から出て梨状筋(臀部の筋肉)を通過して大腿部の後面からひざ裏にかけて走行し、ひざ裏で脛骨神経と総腓骨神経(下腿の前面と後面)に枝わかれし足裏と甲に分布しています。



坐骨神経痛を出す主な病名

梨状筋症候群
臀部にある梨状筋が坐骨神経を直接刺激し圧迫する


腰椎椎間板ヘルニア
背骨と背骨の間にありクッションの役目をしている椎間板に亀裂が入り、背骨の間から飛び出して神経を圧迫する


脊柱管狭窄症
神経を包んでいる背骨の中が骨の変性等で狭くなり神経を圧迫する。
間欠性跛行(少し歩くと辛くなり、休憩するとまた少し歩ける)が特徴


すべり症
背骨の分離や変性等で背骨の一部が前方にすべって神経を圧迫する



坐骨神経痛の疼痛のタイプ

疼痛のタイプ1
臀部のみに痛みがある。
この場合しびれを伴うことは少なく、限られた部位に疼痛がある。


疼痛のタイプ2
臀部から大腿部後面にかけて痛みしびれがある。


疼痛のタイプ3
臀部から大腿部後面、下腿部の下肢全体に痛みしびれがある。



坐骨神経痛様の痛み

痛みのタイプ1
臀部から大腿部、下腿部の外側の痛み
中小臀筋症候群といい、臀部の外側についている中小臀筋が過度に緊張したり炎症を起こすと、痛みしびれが出ます。


痛みのタイプ2
大腿部前面の痛みしびれ
大腿部前面を走行する大腿神経が圧迫されたり、腰椎から股関節に付着している腸腰筋が過度に緊張したり炎症を起こすと痛みしびれが出ます。



坐骨神経痛の治療と対策

上記のように、筋や骨が原因している坐骨神経痛については、
その大部分が、骨格のバランスの崩れからくる「筋の過緊張」が原因していると考えられます。
このような状態で長期間過ごすと筋肉の過緊張が生じ神経の流れを悪くしてしまいます。
症状に思い当たる場合は早めに治療することで早期の回復が見込めます。



なかむら接骨院 電話:0771-24-2941


Copyright(c) なかむら接骨院 All rights reserved.